木の根に仏像の頭が飲み込まれた「ワット・マハタート」

アユタヤ
20200204_103733

自転車でチャリチャリと遺跡を巡り始めた。
ちょっと疲れはするけど、まあまあ快適。

気を付けて走れば、危険な事もない。
自由気ままに巡れるのがいい。

結構自転車で巡っている人は多い。

社会科見学なのだろうか、大勢の子供たちが訪れていた。

ワット・マハタート Wat Mahathat

かつては、塔の頂上が黄金に輝いていたこの寺院もビルマ軍の侵略により廃墟と化し、今は木の根の間に埋め込まれた仏像の頭や、頭部がない仏像、崩れ落ちたレンガの壁や礼拝堂の土台が残るのみとなっています。

https://www.thailandtravel.or.jp/wat-mahathat/
ワット・マハタート(アユタヤ) | 【公式】タイ国政府観光庁
【公式】ワット・マハタート(アユタヤ) Wat Mahathat。タイ国政府観光庁日本事務所が提供するタイ観光案内サイト。タイ国の基本情報や旅行の基礎知識の案内をはじめ、観光施設、宿泊施設、グルメ、イベント、買い物施設検索などもできます。

確かに廃墟と化し、当時の面影は少ないのかも。
でも一生懸命に当時の姿を想像して巡るのが楽しい。

一番有名なのはこれ。
何となくアユタヤのシンボルって感じだ。

 

もともとはこういう感じだったらしい。

タイトルとURLをコピーしました